トップロゴサブロゴ
  トップページ  旅館ホテル一覧  観光案内  スポーツ施設  リンク集

ヴィレッジ
■ヴィレッジ
 サッカーのナショナルトレーニングセンター、大会が有ると全国からバスを連ねてやって来ます。近くの宿泊施設は町の人口が数倍になったと錯覚する程だそうです。
アンモナイトセンター
■アンモナイトセンター
 白亜紀の本物の化石が、岩盤からむき出しになっています。この地帯は、双葉スズキ竜の発見の地でも有り、真に化石のジェラシックパークです。その辺を掘り堀りしたら大発見、てことが有るかも入れません。
波立海岸
■波立海岸
 県内ニュースの初日の出と言ったらここ、人気のスポットです。玉砂利の珍しい海水浴場ですが、砂浜が狭く人気は今一のようです。
■海浜自然の家
 アスレチック、キャンプ場など
■草野心平文学館
 
■夏井川渓谷
 R41に沿ったいわきを代表する紅葉の名所
プレステージGC
プレステージ
勿来TAIGA CC
勿来TAIGA
■ゴルフクラブ
いわきはゴルフの激戦区、雪が殆ど降らないので冬もプレイ可能です。でも一寸30万人の町に多すぎ?
 ■クレステージCC
■いわきプレステージCC
■新たいらCC
■湯本スプリングスCC
■バイロンネルソンCC
■クレストヒルズGC
■いわきGC
■サラブレッドCC
■塩屋崎CC
■小名浜CC
■グリーンヒルズCC
■セベバレステロスGC
■小名浜オーシャンホテル&GC
■勿来TAIGACC
■飯野八幡宮
 本殿は国指定文化財、流鏑馬が9月に行われます。
■龍が城美術館
 双六盤、毛利家旧蔵馬寮馬具一具の美術品などを展示しています。
市立美術館
■市立美術館
 
■平競輪場
 
■暮らしの伝承郷
 江戸末期ごろのいわき村落の情景をまるごと再現
白水阿弥陀堂
■白水阿弥陀堂
 ハスの花が咲くころ美しい浄土庭園にたたずむ阿弥陀堂、将軍藤原清衡の娘、徳姫の建立で白水は故郷奥州平泉の泉を分字したと言われています。ボケに効用が有るそうです、忘れっぽくなったらご参拝下さい。
21世紀の森公園
(■21世紀の森公園)
 グリーンスタジアム、グリーンフィールドを中心とした公園で
各種のイベントが行われています。
■スパリゾートハワイアンズ
雨降りお盆など、孫を連れて行きたい筆頭かな?、私も利用しています。
■いわき湯本温泉 
ハワイアンズと共同で面白いプランも始めていますのでホームページを除いてみてください。
さはこの湯
■さはこの湯
 大衆浴場です、硫化水素臭が漂い、本格的な温泉気分が格安料金で味わえます、でも駐車場の確保が難しいのが難点。回りの旅館でも入浴サービス(800円前後)を行っています。
石炭化石館
■石炭化石館
 昔いわきは炭鉱の町、模擬坑道での歴史の再現、炭鉱に縁が無くても感動させられるものが有ります。昨今の情勢、何か新しい形での再興は無理なのでしょうか、残念ですね。
■考古資料館
 国指定の中田横穴(古墳時代の彩色画を有する装飾横穴ー沼の内に有ります)の出土品などを展示
薄磯海水浴場
塩屋埼
勿来海水浴場
勿来
■海水浴場
 ■山田浜海水浴場 近場のお客様が多い海水浴場です。
■久之浜波立海水浴場 奇岩「鰐が渕」と、珍しい玉砂利の海岸です。初日の出の名所ともなっています。
■四倉海水浴場 白い砂浜が延々と広がり、開放感のある海水浴場です。
■新舞子ビーチ海水浴場 松の緑に映える、白く、広い砂浜、180度のパノラマが広がる開放感を満喫できます。
■薄磯海水浴場 白亜の塩屋埼灯台の下に広がる、勿来と人気を二分する海水浴場です。
■豊間海水浴場 ウィンドサーフィンに人気があります。
■合磯海水浴場 ウィンドサーフィンに人気がる小さな海水浴場です。
■永崎海水浴場 小名浜に近く、駐車場等もよく整備された、人気の海水浴場です。
■小浜海水浴場 入り江に囲まれた、プライベートビーチ感覚の小さな海水浴場です。
■勿来海水浴場 県内随一の広さと、薄磯と人気を二分する人気の海水浴場です。
沼之内弁財天(賢沼寺)
■沼之内弁財天(賢沼寺)
 境内の賢沼には、大鯉や天然記念物の大うなぎが生息しています。でも最近なかなか見れません。
塩屋埼灯台
■塩屋埼灯台
 海面高さ約77m、40Km四方に今も光を届けているのだそうです。一般公開されており、上まで上る事ができます。近くには、美空ひばりの『みだれ髪』を歌う歌碑や「喜びも悲しみも幾歳月」(松竹映画)の記念碑が建ち、各地から観光バスが訪れる、いわきの観光スポットです。
マリンタワー
■岬公園
 一寸目を引く、小名浜港を見下ろす展望台、他にものんびり過ごせる施設や遊歩道などが有る、海の公園です。
小名浜港
小名浜
勿来漁港
勿来
■漁港
 いわきには大きく9つの漁港が有ります。小名浜と中之作は遠洋漁業の基地でも有り、カツオ、マグロ、サケ、マス、サバ、サンマなどの水揚げが有ります。他は沿岸・沖合漁業が中心になり、水揚げもおよそ500トン以下で、小・中規模の港です(ちなみに小名浜港は約2万トン)、魚種は、ウニ、アワビ、ホッキ貝、タコ、イカ、スズキ、ヒラメ、カレイ、アイナメ、メバル、メヒカリ、イワシ、アンコウ、などの今はお高い高級魚が中心になります。
■久之浜漁港  ■四倉漁港  ■沼の内漁港  ■豊間漁港  ■江名港  ■中之作港  ■小名浜港  ■小浜漁港  ■勿来漁港  ■平潟漁港  ■大津漁港
カツオの水揚げ
■小名浜港
 これはカツオの水揚げ、船底からクレーンで選別のベルトコンベアへ、サバやイワシになると搬送用のトラックの荷台に直接、大型船の水揚げは豪快です。
ララミュー(魚介直売所)
■ララミュー(魚介直売所)
 小名浜港の周りには、その他にも沢山有ります。ちょっと裏通りの市民の魚屋さんもお勧めです。慌てず吟味して、美味しい海の幸を!
クルージング
■クルージング
 お時間に合せて、コースが選べます。かもめと戯れてそう快なクルージングをお楽しみ下さい。
アクアマリン
■アクアマリン
 いわき沖、黒潮と親潮がぶつかる潮目の海底トンネルから始まり、北へ南へ多様な海の生物に出会います。八景島、品川、水族館はみな感動ですね
サンマリーナ
■サンマリーナ
 回りには釣り桟橋や小さな海水浴場もあり、市民の憩いの場となっています。オリジナルのクルージングをご希望なら直接電話で申し込んでください。ホームページには無いサービスも行っています。
■四時川渓谷
 「行ってみたい歩いてみたい日本の百か所〜遊歩百選」の1つに選ばれた、いわきを代表する人気の渓谷
勿来関公園
■勿来関公園
 「奥州三古関」と呼ばれる勿来の関跡、古人が刻んだ歌碑が並ぶ遊歩道、松のこず枝に見える青い海、何も無いけど、雑踏を離れたこの静けさがすばらしい公園です。
勿来関文学歴史館
■勿来関文学歴史館
 江戸時代の宿場町「勿来関」の再現
天心記念五浦美術館
■天心記念五浦美術館
 岡倉天心、横山大観らの貴重な書簡や写真、遺品などの展示や企画展などを行っています。
五浦海岸、六角堂
■五浦海岸、六角堂
 風光明媚な五浦海岸と近代美術発祥の地の象徴六角堂です。


いわき市平旅館ホテル組合事務局  〒 979-0202 福島県いわき市四倉町上仁井田字横川89 0246-88-7115